前へ
次へ

小学生にプログラミング教育をする意義

学習指導要領は時代に応じて変わってきましたが、今度は小学生からプログラミングに関する授業が始まるそうです。
今はデジタルコンテンツが主流で、プログラミング言語は文字通り、もう一つの言語と言ってもいいでしょう。
大人になってからエンジニアを目指して勉強し始めても身に付くかどうかは微妙なところですが、子どものうちに触れておけばそれだけ吸収率も上がります。
それに、IT分野に親しみを持つことは今の時代大きなプラスになります。
パソコンも使えないようでは一般的な会社でも苦労するので、小さい頃から教養として身につけておくのが無難でしょう。
ユーチューバーなどの活躍で、子どもたちにとってもデジタルコンテンツは関心が高い分野です。
「子どもにプログラミングが分かるのだろうか」と心配しているのは大人だけで、授業は意外とスムーズに進むと思われます。
これからは履歴書がわりに自分のサイトを作れるのが当たり前の時代になるかもしれません。

Page Top